楽天カードのメリットや審査情報を徹底解説

rakutencard2
年会費無料で楽天カードに入会してみたら、優秀すぎた。そのわけと審査について徹底解析!
みなさん、「楽天カードマン!!」でおなじみの楽天カード。

一度や二度は目にしたことがあると思います。
かなり印象に残るCMですよね。むむ!

「楽天カードでポイント◯◯倍!!」「8秒に1人は申し込んでいる」という楽天カード。
では実際に申し込んでみた、その使用感と一体何が、そんなに「いいんです!」なのかを徹底解析をしてみました。



楽天カードの種類について解説

楽天カード

楽天カードは楽天グループのクレジットカードです。
CMでおなじみの、年会費無料のカードは、楽天カード(シルバー)、楽天PINKカード、楽天カードアカデミー、楽天ANAマイレージクラブカード。

年会費有料のものは、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天ビジネスカードと選べるラインナップが充実しています。

楽天カードは年会費永年無料のポイント還元率が非常に高いクレジットカードです。
楽天カードは上手に使えばポイントで年間数万円分もお得にポイントがつくのであなどれません!
(利用金額に応じて)普段の買い物や、毎月必ずかかる、携帯代、公共料金を楽天カードで支払えば、基本1%のポイントがつきます。
(楽天e-NAVIに登録必須)他社のカードでも年会費無料で1%のポイントが(100円で1ポイント)つくカードは意外にも少ないんです。
また、楽天カードを楽天グループのショップで利用すればさらにポイント率はアップ(楽天市場は4倍)しますので、ますますお得ですね。

楽天カードの利用で年間数万円もポイントが還元されれば、好きな洋服や、生活用品、旅行などにポイントが使えておしゃれに、レジャーに還元できて節約にも。
楽天カードはメインカードにもサブカードとしても優秀な1枚です。


楽天PINKカード

楽天PINKカードは楽天カードが2015年5月19日からスタートした女性を対象とした優待が充実したカードになります。
ピンク色のデザインになり、通常の楽天カード(シルバー)と比べ桜色は女性専用の楽天カードという印象です。

お申し込みは18歳以上の(高校生不可)女性が可能です。女性向けのサービスや、女性専用の保険などは有料で付帯できます。 有料サービスをつけない場合は年会費は無料となり、一般の楽天カード(シルバー)と機能は同じになります。 また、有料サービスの保険に関しては楽天カードコールセンターではなく専用の保険デスク0120-456-029携帯電話等、繋がりにくい場合は018-888-9289でお問い合わせ可能です!

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは満18歳以上28歳以下の学生(高校生不可)を対象としたサービスに特化している年会費無料のカードです。
最大限度額はショッピング30万円、キャッシングの付帯は不可となっています。

申し込みの際、20歳未満の未成年の方は親権者の同意が必要です。
親権者に直接電話で同意の確認をとりますので事前に話しておきましょう。(既婚者除く)
楽天カードアカデミーの特典は、本を買う機会の多い学生さんにとっては楽天BOOKSのみではありますが利用ポイントが2倍に!

また、帰省の際に楽天トラベル経由で高速バスなどを予約、楽天カードアカデミーで支払いをすれば、こちらもポイント2倍になります。
海外留学される際に楽天カードアカデミーを使う事も可能です。(コールセンターで確認したので間違いありません)

カードの申し込みは日本に住んでいる間に日本の住所のみで可能。
留学中は登録した日本の住所のみに、請求書や、その他の手紙類が届きますので、海外への転送はできません。実家住まいの方は実家に届き、一人暮らしで留学の際に部屋を引き払ってしまう場合は住所不定となりますので、注意が必要です。

海外で楽天カードを利用したい場合はマスターカード、VISAの2つのブランドに限りますので申し込みの際にはJCBを選ばないように気を付けましょう!

キャッシングを利用しない、ショッピングのみの利用が希望であれば、年会費も無料ですので楽天カードアカデミーは学生には十分満足度の高いカードと言えるでしょう。

また、どうしてもキャッシング枠が欲しい!という学生さんの場合アルバイトや、派遣、契約派遣など継続的に収入がある方であれば、キャッシング申し込み可能な一般の楽天カード(シルバー)を申し込みましょう。キャッシングは収入がある方のみ申し込みができます。

ですがキャッシングは審査に通る難易度としては少々ハードルが高くなります。
なぜなら、学生は一般的に学業を主としているので社会人ほど収入は高くなく、また継続して安定した収入が得られないため、審査が通りにくいのです。

また勤務先の名称、住所、電話番号が記入必須事項となり、審査の際は「在籍確認」の電話が勤務先にかかる場合があります。

「在籍確認」とは本当に申し込んだ本人が、勤務しているかの確認になりますので、あらかじめアルバイト先に「カードを作るので電話が入るかもしれない」と伝えておくと、気まずくないでしょう。

在籍確認は楽天カードより「◯◯と申しますが◯◯さんはいらっしゃいますか?」という簡単なものになるのであまり心配はいりません。
また在籍確認の有無に関しては、審査段階で必要に応じて行われるため、拒否することは選択できません。未成年の方は、ほぼ在籍確認があると思っていいでしょう。

楽天カードを申し込むには色々な手続きが必要で大変そうだな、、、と思われるかもしれませんが、楽天カードアカデミーは学生さんが初めて持つクレジットカードとしてはとてもお勧めです!



楽天カードはとにかくポイントが貯まりやすい

使い方次第でポイントざくざく貯まる楽天カード!ポイント重ね獲り!その方法をお教えします。
楽天カードには標準で楽天ポイントカードが搭載されています。

1枚の楽天カードにクレジット機能とポイントカードの機能が付いています。
ポイントの貯め方は本当に沢山あるので、利用方法の組み合わせ次第で楽天カードポイントはざっくざく貯まるんです!

楽天カードクレジットの利用は通常どこのお店で買い物しても100円につき1ポイントつきますが同時にポイントカードにも2ポイントつきます。
ポイントカードにおいては対象加盟店舗のみポイント付与となりますので、買い物の際はお店のレジ付近に楽天のマークがあれば一回の買い物で最大ポイントが3倍となりますので確認してみてください!

楽天カードと比べ通常他社のカードでは会員ステージによってポイント率が上がる仕組みが多く、また条件によっていらないサービスを付けないといけなかったり、年会費のかかるカードのみポイント率が高い等、楽天カードのように簡単にポイント還元率が上がらないので、初回からこんなにポイントがつくのは驚きです。

ポイントを前面に推している楽天カードのCMがなんども頭の中に浮かんでくるのはそのせいでしょうか?
また楽天カード入会時には必ずポイントプレゼントがあります。

CMでも良く耳にしますよね!(再入会はポイント付与なし)キャンペーン時期によってポイント率は異なりますので、必ず楽天カードHPで最新のキャンペーン情報をチェックしましょう!また入会からいつ頃ポイントが付与されるの?という疑問ですが、楽天カードが届きましたら「楽天e-NAVI」に登録してください。

受取り申請後営業日5日以内には初回のポイントが付与されるので、楽天カード到着から早くて一週間ほどになります。

プレゼントされたポイントには期限がありますので、使いそびれない様受け取った後は必ず期限内に利用しましょう。
期限内に欲しいものや使い方が決まらない場合は商品券に交換すると良いでしょう。

また楽天グループでの買い物はとにかキャンペーンが多く、開催してない時を見たことがありません。
通常楽天カードを持っていなくても、ポイントは貰えますが、楽天カードの利用で、何倍にもポイントが付くのですごいですよね。

常にお得なキャンペーンをしているので楽天のサイトで随時チェック、参加、楽天カードの利用でポイントの2重取り必須です!

また他サイトのポイントサイトを経由して楽天市場や楽天BOOKSなどで買い物すると、楽天カードポイント以外でもポイントが貯まります。

中でもおすすめのサイトは「ポイントタウン」です。お買い物で1%、条件達成で5〜15%のボーナスポイントをもらえ、1ポイントは1円として換金できます。

続いてのおすすめポイントサイトは「ちょびリッチ」楽天市場内の各ショップによりポイント還元率は異なりますが最大で40%のポイントがゲットできますので「ポイントタウン」と比較して還元率の良いサイトを経由してみてください。

楽天カードには電子マネー機能「楽天Edy」を追加で付けることも可能です。

楽天クレジットから自動的にチャージをすることができて、チャージのたびに金額分の0.5%のポイントが貯まります。
実際、楽天カードのポイント率の方が還元率1%と高いので大きな金額の買い物の際はクレジット払いで、小さい単価100円以下の支払いは楽天Edyを使うなど、使い分けると良いでしょう。

楽天カードポイントを最大限にゲットするにはその都度キャンペーンやポイントサイトをチェック!
使う金額により楽天カードクレジット払いか楽天Edyを使うか選んでくださいね。


年会費はなんと無料

楽天カードは永年年会費無料です。入会費はもちろん毎年の会費も無料です。

年会費が無料じゃないカードの種類は楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天ビジネスカードになります。楽天PINKカードも有料サービスを付帯しなければ会費は無料となります。

楽天ゴールドカードは年間2160円(税込)非常に年会費を抑えたゴールドカードになります。ゴールドカードの特典として入会特典ポイント率も高いですが、 普段の利用でも楽天市場ではいつでもポイント5倍、楽天トラベルが2倍、ポイント加盟店で3倍、通常のお買い物で1倍です(随時ポイント率の変動の可能性あり)また国内空港のゴールド会員専用のラウンジがカード提示で利用でき、搭乗時間までゆったりと別室でくつろげます。無料のドリンクサービスもありますのでゴールドカードを持ってちょっとリッチで特別な時間を過ごせます。

他社のゴールドカードも同じ様にラウンジ利用のサービスがありますが楽天カードほど年会費を抑えたゴールドカードは数少なく、同様のサービスが受けられるのでかなりお勧めです。

他社クレジットと比較しても一番年会費の安いゴールドカードといっても過言ではありません。 ETCカードは年間 500円(税抜)楽天カードは有料のカードにおいてはETCカードが無料となります。
また楽天カードの解約はいつでもすることができますが、支払い残高が残っている場合は支払いが終了してから実質解約となります、ただしサービスを前もって停止することは可能です。


海外旅行傷害保険は最大2000万円まで補償

楽天カードで特におすすめなのが海外旅行保険が自動付帯されるサービスです。
海外旅行にあまり行かない人は、海外旅行保険ってなに??と思われるでしょう。

一般の楽天カード(シルバー)楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天銀行カード、楽天カードアカデミーをお持ちの方は自動で海外旅行保険が最大2000万円まで保証されます。

では海外旅行保険とはどんなものでしょうか。

基本的には海外での怪我、事故、盗難、破損などを保証してくれるサービスです。
海外へ旅行、留学をされる際は一回につき最長3カ月間海外旅行保険が適用されます。

適用条件としては日本から出発の際、交通手段として航空機、電車、バス、タクシー、などの公共交通機関の支払いや旅行代金を(ツアーなど)楽天カードで支払うことが海外旅行保険に適用される最低限の条件です

何百円でも構いませんので、必ずこの条件は満たしてください。
また海外で事故や怪我、盗難にあった際は楽天カードをお持ちの方は以下の保証があります。

《海外旅行保険の種類》
死亡後遺障害 最高2000万円
障害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任   最高2000万円
携行品損害  最高20万円(免責3000円)
救援者費用  最高200万円

スーツケースが盗難にあったり、海外でスマートホンを落として画面が割れてしまったり。
これも海外旅行保険の保証対象となります。これってちょっとすごいですよね?

免責(自己負担)3000円、それ以上は20万まで保証されます。

また怪我や事故で病院にかかった場合10万円以下の治療費であれば領収書が海外旅行保険の証明証となるので忘れずに日本へ持ち帰りましょう。10万円以上の治療費がかかった場合は海外旅行保険適用とするためには診断書の提出が必要となりますのでその際は海外旅行保険専用デスクに一度問い合わせる必要があります。

場合によって必要書類が異なってきますので電話で相談するのが良いでしょう。
また海外で一部キャッスレス診療可能な機関があります。現金を持ち合わせていなくても診察可能な病院です。

国によって病院は異なりますので海外より、楽天海外旅行障害保険ガイドのホームページまたは、保険案内の冊子に記載の番号よりお問い合わせください。

一見、海外旅行保険なんていらないよ、、と思われる方もいるかと思いますが、楽天カードを持っているだけで特別料金もかかりませんし、自動で付く分には何も損はしませんよね?

楽天カードのように年会費無料にも関わらず、海外旅行保険を最大2000万円も付けてくれるカードは極稀です!
むしろ海外へ行く時は、海外旅行保険をつけたいという理由だけで楽天カードに入会するのもありではないでしょうか?


セキュリティ面も万全

楽天カードのセキュリティは万全です!
現在の楽天カードにはカード裏面の磁気(黒い帯の部分)と表側のICチップに重要な情報が入っています。

ですのでカードを破棄する際や、突如カード番号などの個人情報が漏れてしまった!
というときは、磁気部分とICチップ両方にハサミを入れましょう。

また第三者からの不正な利用がないか不正利用探知検知システムより随時チェックしていますので家電量販店で大量購入や、当日中、短時間では移動不可能な2箇所の場所でのカード利用など、不正利用されていないか?と懸念される際は楽天カードから連絡が入る場合があります。

万が一第三者から不正に使われてしまった場合でも保証があれば安心ですね。
唯一気をつけたいのが、カード紛失の際、楽天カードに楽天Edyがついてますと、ワンタッチで暗証番号などいらずに残高を使えてしまう電子マネーなので損失する可能性があります。

カードを失くした時はとにかく早急に楽天カードに連絡し、サービスの停止をしましょう!


気になる審査の難易度は?

気になる審査の難易度ですが、楽天カードは銀行系のクレジットカードになるので難易度は低くはありません、難易度はやや高めといったところでしょう。

審査は今までの利用状況や、現在の経済的環境など総合的にみて判断されます。

まず楽天カードの申し込み方法はHPからの申し込みとなり免許証や保険証のコピーを送付する必要はありません。

自宅にカードが届く際、自宅としている登録住所が確認できる、免許証や保険証の提示が必須です。
カードが届く前に引っ越しをされる方など、クレジットカードは転送不可となっているので気をつけましょう。

まず楽天カードの審査を通すのに必要なことは「信用」です。
クレジットカードは後払いですので、信用の元利用が出来るようになっています。

みなさんは人に何かを貸し借りする際、過去に返してくれなかった経験があったり、約束の日時を守ってくれなかったりすると誰でももうその人には貸したくないですよね?

カード会社は過去の延滞履歴や、楽天カード以外のカードの利用状況も加味して審査を行います。

「嘘」をついても審査では、わかってしまうことなので、現在の他社カードの借り入れ状況や住所、勤務先などは正直に書くことが大切です。
「不安材料」が揃っている人ほど審査は通りにくくなっていきます。

審査は一般的に機械で自動的に行われるものと、人力によって行われる審査との2段階となっています。

クレジットカード会社は情報信用機関(JICC、CIC)に必ず加盟しており過去の5年間の延滞状況や、破産状況、踏み倒したことがないか、など記録されています。

これをクレジットヒストリーと呼び、その人を判断する信用情報となります。

楽天カードの審査に落ちる人は過去に破産をした経験のある人です。
この場合どの会社もカードを作れる可能性はほぼ0%でしょう。機械での自動審査の時点で弾かれてしまいます。

また逆に今まで一度もカードを作ったことのない人は「スーパーホワイト」と呼ばれ過去の情報が一切ないため、判断基準に迷いが生じます。

その場合は年収や、勤め先、住宅(戸建、マンションかなど)総合的に判断されますが審査完了まで人力による判断が必要となり、時間を要する場合もあります。
また初回の利用限度額は少なめであったりもします。

支払い日を守るなど、徐々に信用を築いていけば楽天カードの限度額アップも可能でしょう。

とにかく正直に書くことが大事です。また楽天サイト内では楽天カードの審査状況を確認することができますのでそちらでもチェックしてみましょう!


メリットとデメリットについて解説

楽天カードのメリットとデメリットについてまとめてみました。


メリット

①楽天カードは年会費が無料(有料もあり)
②楽天カードは無料で海外傷害保険がついてくる(他社は年会費有料カードのみの場合が多い)
③ポイントが2重にも3重にももらう方法がある
④必ずもらえる入会ポイントが高還元率
⑤楽天グループのショップが数多く、楽天カードポイントが貯まる場所、使える場所が非常に多い


デメリット

①楽天カードのデザインがあまり好きじゃない、ダサい、高級感がない
②楽天カードのキャンペーンの知らせやメルマガ等の情報量が多すぎる(配信拒否できるが数が多く設定が面倒くさい)
③一回払いのみ可の店舗を利用した場合、後日2回払いにできない、分割3回以上〜、リボのみ変更可
④楽天カードのポイントの仕組みが色々ありすぎて使いづらい

などでしょうか、ポイント獲得方法をとことん追求するのが好きな人にはもってこいのカードですね! ただ逆に楽天カードを駆使するにはややこしいと感じる人も多いようです。


最初の1枚に最適なクレジットカード

このように、楽天カードは利用方法によってポイント還元率の非常に高いカードになります。
メインカードとして十分な役割を果たしてくれるでしょう。

はじめて作るファーストカードとしても、年会費がかかりませんので、試してみる価値は十分にあると言えます。
入会ポイントだけでも元は十分すぎるくらい取れる、クレジットカードの中でも最高の1枚となるのではないでしょうか?

利用方法を駆使してお得にざくざくポイントをもらいましょう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る